初心者でも家庭菜園はできる

初心者でも家庭菜園は出来ます

自分で育て、食べる楽しみもある家庭菜園は初心者でも簡単に作れる野菜や果物が登場しており、トライする方は増えています。

新鮮な野菜や果物が手に入りますし、無農薬で育てることも可能ですので、収穫された作物を使って「食の安全」にこだわった食事をすることも出来ます。

それに屋外で体を動かせば、心身ともにリフレッシュ出来ます。とてもよい運動になるので、健康の為に家庭菜園で汗を流す方もいるほどです。

それから、家庭菜園の手入れは、慣れないと大変なのではと思われがちですが、今は便利な道具もたくさんあります。

道具類には、土が楽に耕せる道具や力が無くても使いやすい剪定ばさみなど、工夫された物があります。

家庭菜園で気になるのが、虫に葉っぱや実を食べられたり、病気にかかってしまうことです。

しかし、害虫や病気に強い品種も開発され、初心者でも簡単に育てられるでしょう。

植物の知識が無くても大丈夫で、家庭菜園に関するガイドブックなど、詳しくて分かりやすい書籍やインターネットでの情報サイトを調べれば、ほとんどの疑問・質問が分かります。

家庭菜園によくある失敗

家庭菜園では失敗が付き物です。

家庭菜園をする方はほとんどが素人で、専門知識も経験も無いのですから当然といえます。そこで、家庭菜園にありがちな失敗例を紹介してみましょう。

失敗例を知れば、上手く野菜を育てるコツがつかめるかもしれません。

家庭菜園が初めてだと、ついたくさんの苗を植えるケースがあるようです。

上手く育たなかったり、害虫や病気にかかって収穫量が少ないことも考えられますが、大量の野菜が一気に出来てしまい、ご近所に配っても余ってしまうことがあります。

じゃがいものように保存が利く野菜ならいいのですけど、トマトやナスなどの水気の多い野菜だと余らせて痛んでしまってもったいないですね。

そうならないためにも、自分で食べ切るだけの量が出来るように苗の本数に注意しましょう。

家庭菜園に欠かせない世話に水やりと施肥があります。これも失敗しやすいポイントです。

野菜や果物には成長に適した水分と栄養分があり、やみ雲に与えると逆に枯らしてしまうこともあるので、適量を守るようにします。

それから、家庭菜園では無農薬にこだわる方も多いはちみつ青汁ようですが、初心者で慣れない内は農薬に頼らざるを得ない場合もあるので、最初から完全無農薬を目指すのではなく、徐々に経験を積んで出来ることから挑戦していくようにすると挫折することも無いようです。

苗選び

家庭菜園では種まきの他に苗を購入して植えつける方法はよく行われます。

畑作業が不慣れな初心者や、専門家が育成した良質な苗から野菜作りをしたい方に向いている方法で、園芸店などで季節に応じた苗を選ぶと良いでしょう。

また、種には発芽率が悪いものや温度管理が難しい物もあり、そういう時にも苗が選ばれているようです。

通販サイトや園芸店でよく見かける苗には、トマト、ナス、キュウリに、移植するのを嫌う豆類、イチゴやスイカなどたくさんの種類があって、ポリ鉢に入った状態で売られています。

苗選びでは葉や根の張りなどを観察し、元気の良い苗を厳選しますが、選び方のポイントは茎とされます。

家庭菜園に植えるには、葉と葉の間隔が短めで、しっかりとした太さがあるもの良い苗でら、よく見てから購入します。

ただし、初心者には世話が難しい野菜の苗もあり、お店のスタッフに相談しながら選ぶと良いでしょう。

おすすめサイトの紹介です→美容師求人情報

土選び

家庭菜園でおいしい野菜を育てたいなら、土選びが大切になります。

野菜や果物が健康で、病気にもならずに大きくなるには、栄養分が豊富な環境が重要です。土は良質なものを選びましょう。

家庭菜園に取り掛かる前に、まず育てる環境を整えます。

雑草が生えていたらきれいに抜いて、石などの根の生長を妨げるものもしっかり取り除きましょう。

家庭菜園の土をクワやスコップで深く掘り起こし、空気を含む柔らかい状態にします。プランター栽培なら、土と一緒に鉢底石を準備します。

以前から持っている土を使う場合は、ふるいなどの道具を用いて土をより分け、土中の雑菌を日光消毒するためにシートに広げておきます。

どれも体力を使う作業ですが、苦労した分だけ立派な野菜の収穫が期待できます。

初心者なら家庭菜園用の土が通販などアテニア化粧品で売られていますから、土選びにはそれらがおすすめです。

Copyright 初心者でも家庭菜園はできる 2014